お雛様のいろいろ~各地の流し雛~

写真提供:さいたま市

「流し雛」みなさんご存知だと思いますが流したことはありますか?

流し雛(ながしびな)は、雛祭りのおおもととなった行事です。
雛祭りの源は、3月3日の上巳の節句の薬草摘みでしたが、
やがて人の形をした紙の人形(かたしろ)で体を撫でて、
それを川に流すことで穢れを祓い、災厄祓いを願うようになりました。
流し雛は、源氏物語の「須磨」にも出てくるほど歴史ある行事です。
やがてこの行事が宮中のひいな遊びへと発展し、雛祭りへと変わっていきますが、現在でも流し雛は、各地に残っています。

昔ながらの行事ですが、新鮮な体験ができるかもしれません。
ちょっと足を伸ばしてみませんか?
各地の催しをご紹介します。

吉野川の流し雛

吉野川のほとり奈良県五條市南阿田の流し雛は、4月の第1日曜日に行われます。
子供達が晴れ着に身を包み、手作りした千代紙や折り紙のお雛様を、
竹の皮で作った船に乗せて吉野川に流します。
千代紙のお雛様は、吉野川から紀ノ川を下り、
女性の病封じ・安産・子宝の神様である紀州淡島神社まで旅をします。
http://www.pref.nara.jp/17621.htm

鳥取流し雛

鳥取県八頭郡用瀬(もちがせ)町の「流し雛の館」は、有名です。
人気ミステリー浅見光彦シリーズにも登場します。
用瀬町では、旧暦の3月3日に紙雛や花、菱餅などを載せた
桟俵(さんだわら)を近くの千代川に流して、無病息災を祈ります。
http://nagashibinanoyakata.jp/

西の小京都龍野の流し雛

兵庫県揖保(いぼ)川沿いの龍野では、春分の日に雛流しが行われます。
折り紙で作った衣装の雛人形に紙粘土の頭を付け、
桟俵(さんだわら)の上に乗せ、菜の花や春の花を添えて揖保川に流します。
準備に半年かかるという歴史ある行事です。

人形の町岩槻の流し雛

埼玉県さいたま市岩槻区は、お雛様や五月人形の産地として有名です。
岩槻では、毎年4月のみどりの日に岩槻城址公園の池で
華やかな流し雛のイベントが行われます。
参加申し込みをすれば、一般の人も参加できるようです。
http://www.photo-saitama.jp/season/genre/event/20150301.html


「写真提供:さいたま市」

岡山県の流し雛

岡山県笠岡市北木島大浦では、旧暦3月3日に流し雛が行われます。
雛流しというと川というイメージが強いですが、
こちらは海に流す流し雛です。
藁で作った50cm程のうつろ船というものにお雛様をのせ、
菱餅・アサリ 寿司・桃の小枝や火のついた線香を添えて流すそうです。
観光化されていない雛流しの行事ですが、市の重要無形文化財に指定されている行事で。
地元のほとんどの人が浜に集まって、手作りの紙のお雛様を海へ流すそうです。

壇ノ浦の流し雛

3月初旬下関市赤間神宮では、壇ノ浦の合戦で入水した安徳幼帝をしのび、
市内の子供やお年寄りが、折り紙で作った紙のお雛様を奉納し、
神事のあと関門海峡の海へ流す「平家流し雛神事」が執り行われます。
神事の後は、直垂(ひたたれ)に烏帽子 の男性や
千早(ちはや)に緋袴(ひばかま)姿の女性などが参加して、
水庭を囲んだ曲水の宴が華やかに催されるそうです。

京都下鴨神社の流し雛

有名な京都の下鴨神社の流し雛は3月3日に盛大に執り行われます。
下鴨神社の「流し雛」は、宝鏡寺のひなまつりと並んで
京都の有名な雛祭り行事のひとつで、
毎年多くの人がこの伝統ある行事を見に集まるそうです。
http://www.e-kyoto.net/saiji/217

江戸隅田川の流し雛

東京・隅田川のほとり隅田公園では、
屋形船が出て、華やかな流し雛が行われます。
江戸の風物詩を今に伝える行事です。
http://www1a.biglobe.ne.jp/hina-ko/sumida/

信濃路の流し雛

長野県北相木郡白岩では、
子供達が河原で煮炊きした食べ物をお雛様に供え
みんなで食べて、古いお雛様を流します。

……穢れを水に流すという事の由来

水で身を浄める儀式は、古くは中国の前漢の時代(紀元前
202年前~)三月の上巳の日に行われていましたが、
それだけでなく、日本の神話にも登場します。イザナギの
尊とイザナミの尊が日本の国土を生みますが、イザナギの
尊は、死んで黄泉の国に行ったイザナミの尊を訪ね、逃げ
帰ります。黄泉から戻ったイザナギの尊は、祓祓(みそぎ
はらい/水洗して穢れを祓う)をしています。
日本人の観念は、死だけでなく、罪や病気、天変地異など
の災厄も穢れに含み、古来よりみそぎや祓いで身を浄めて
きました。 嫌なことを「水に流す」というのも、このみそ
ぎから来る言葉です。

関連記事

  1. 雛人形のお顔  京雛と関東雛の違い

  2. プロ直伝!お雛様の選び方、買い方③

  3. 女の子が生まれた時の節句、ひな祭りの人形について

  4. 時代を超えて受け継がれる親心、日本の伝統的な年中行事について…

  5. ちょっとマニアック!? おひなさまたちのおはなし 2

  6. 桃の節句は女の子が生まれた時のお祝いごとです