子供にとって、鯉のぼりが自宅に飾られているとうれしいものです

男の子がいる家庭といない家庭とでは、子どもの日の時期の印象が少し変わるかもしれません

子どもの日は子供が小さな時期にこそ喜ぶ日なので、思い出深いものにしてあげましょう

男の子がいる家庭では、端午の節句や子供の日はとても大切な日となります。男の子を出産すると、鯉のぼりや五月人形を用意されるところも多いと思いますが、おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれるご家庭も多いのではないでしょうか。家庭事情や自宅が狭いなどの理由もあり、時期的な物だから必要ないと考えられるご家庭もあるかもしれませんが、子供にとって鯉のぼりはとても印象深く、また興味深いものです。そのため、小さな物でも良いので購入してあげてほしいと思います。

この時期になると、あちこちのベランダから鯉が泳ぐようになります。それを見た子供は、お魚さんが泳いでいる、あそこのお魚さんは大きい、といったように必ず興味を持ちます。そんなお魚さんが自宅にあると、自分の家にもお魚さんが泳いでいると興奮し喜びます。
またこの時期には、地域によってはお祭りを開催するところもあります。河川に大量の鯉のぼりを掲げたりするだけのところもありますが、出店やイベントなどの企画を用意されているところもあります。このような鯉が泳いでいる姿をみせることや、お祭りに参加されるだけでも、子どもにとっては毎年恒例の日本の風習を知ることができると思います。
この時期に体験したことは、きっと大人になっても記憶しています。是非思い出を作ってあげてほしいと思います。

関連記事

  1. 初節句のお祝いのためにお子さんやお孫さんに鯉のぼりを送りませ…

  2. 子どもに思いを込めて飾りましょう 子どもの日とこいのぼりの関…

  3. 鯉のぼりが3匹なのはなぜか?節句にまつわるこいのぼりの知らな…

  4. 【鯉のぼり】吹流しにも意味がある!?

  5. 【お客様より】男の子の初節句に鯉のぼりを用意するのはだれがい…

  6. 【お客様より】鯉のぼりは赤ちゃんのたくましい成長を願った江戸…