女の子が生まれた家庭では初正月に羽子板を贈る風習があります。

女の子の赤ちゃんの無病息災を願って、昔から羽子板を贈るとよいとされています。

 初正月に贈るアイテムは縁起物であり是非取り入れたい風習の一つです。

赤ちゃんが生まれて初めてのお正月には男の子は破魔矢や破魔弓、女の子には羽子板を贈る風習が古くから日本には存在します。
男の子に贈る破魔矢は破魔弓には魔除けの意味が込められています。
一方で女の子に贈る羽子板も無病息災を願う気持ちが込められているものです。
どちらも子供の健やかな成長を願う縁起物であり是非取り入れたい日本の伝統文化なのです。
一年のはじまりであるお正月にこれらのアイテムを贈ることによって、厄払いの意味もございます。
羽子板は厳密にいつからいつまで飾る必要があるわけではなく、一年中飾ってもよく、桃の節句時にお雛様と一緒に飾っても良いとされています。
様々な絵柄や模様、表情はさまざまありますので、お好みのデザインを探すことが良いでしょう。
ちりめんなど艶やかな着物を身にまとった日本美人が立体的にデザインされているものが多く、ガラスのケースに入っているものが人気です。
サイズ展開も豊富であるため、飾る場所や住宅事情に合わせて選択しましょう。
現代の住宅では床の間がない家庭も多いため、飾る場所は棚などでも問題がないとされています。
贈る側は予め贈り先の希望を聞いておくと、迷惑にならないサイズのアイテムを探す事ができます。

関連記事

  1. 【お客様より】初孫ではないけれど…

  2. 【お客様より】 子どもの成長を願う風習と日本ならではの贈り物…

  3. たくさんの愛情に包まれ生まれてきた赤ちゃんの健康と幸せを願う…

  4. 初正月を迎える女の子の赤ちゃんへプレゼントすると良い遊び道具…

  5. 赤ちゃんの初正月を破魔矢と羽子板でお祝いしよう

  6. 無病息災を祈って子供が生まれた家に贈るという日本ならではの風…