省スペースで飾る楽しみがある羽子板の贈り物

可愛いお孫さんへの素敵なプレゼント

初孫の成長や節句を祝い、羽子板を贈るといった風習の残る地域があります。近年では賃貸での子育てや居住スペースを狭めてしまうため、大きな飾りを嫌い、省スペースな飾りが人気になりつつあります。また勝手に大きな贈り物を送付してしまうとお嫁さんに迷惑がられてしまうかもしれませんよね。できるたけスペースを取らず、金額的にも高価にならず、気を使わない贈り物が人気になってきています。そこで便利なのが羽子板です。孫に送るといった風習はあまり知られていないかもしれませんね。しかし、7段飾りのひな人形のように飾る場所と手間、保管場所を必要としないので、近年お祝いの贈り物として注目されています。飾りやすいサイズのものが多く、飾る期間の条件もないので、省スペースで長い期間見て楽しむことができます。若夫婦の家庭へのプレゼントは気を使うものです。勝手に購入してしまい、置くスペースがないとお互いに気まずいものです。古くからの風習や季節の行事に重きを置いていない家庭も増えてきたので、事前に確認はする方がいいかもしれませんね。着物の柄など、デザイン豊富で見ているだけで楽しいものです。好みの色やデザインを選び、気に入ったものをプレゼントすると大変喜ばれます。せっかくのかわいい孫なら素材をいいものにし、展示用のケースなど細部にまでこだわって選ぶ楽しみもあります。日本のいい風習を孫の世代に伝えていく方法でもあります。祖父母からの素敵なプレゼントとして見直されているようです。

関連記事

  1. 【お客様より】日本ならではの風習を大切にしていきたいです

  2. 【お客様より】初孫ではないけれど…

  3. お正月に羽子板、破魔弓を飾る意味と期間についての具体的な情報…

  4. 初正月を迎える女の子の赤ちゃんへプレゼントすると良い遊び道具…

  5. 女の子が生まれた家庭では初正月に羽子板を贈る風習があります。…

  6. 【お客様より】 子どもの成長を願う風習と日本ならではの贈り物…