赤ちゃんが初めて迎えるお正月のお祝いには、破魔弓と羽子板を贈りましょう

破魔弓と羽子板には、厄払いや無病息災を願う、という意味が込められています

日本の伝統的な行事

赤ちゃんが生まれて初めての年は、お正月や節句といった行事も特別なお祝いです
お七夜やお宮参り、お食い初めや初節句とたくさんの嬉しいお祝い事があります。
お正月は、普段通りのお祝いをする、という方も多いかもしれませんが、赤ちゃん
が初めて迎えるお正月は、昔からその健康を祈ってお祝いをします。
祖父母や親族、近しい友人などから、男の子には破魔弓、女の子には羽子板を
贈ってもらう習慣があります。
破魔弓には魔除け、厄払いの意味が込められており、羽子板には無病息災の意味が込められています。
破魔弓の由来は、男の子が弓矢で的を射て、その年の占いをしたというのが始まりです。
羽子板は、ご存じの通り、羽根つき遊びに使う板のことです。
昔は羽根つきをして厄払いをしたと言われています。
羽子板でつく、黒い羽の玉は、むくろじという木から作られています。
むくろじは漢字で「無患子」と書くことからも、赤ちゃんの無病息災を願う、
ということを表しています。
では、破魔弓や羽子板は、どの時期に飾れば良いのでしょうか。
一般的には、十二月の中旬から飾り付け、一月の十五日に片付けるとされています。
可愛い赤ちゃんの、初めてのお正月を、ぜひお祝いして、無病息災を願いましょう。

関連記事

  1. 初正月を迎える女の子の赤ちゃんへプレゼントすると良い遊び道具…

  2. 赤ちゃんの初正月を破魔矢と羽子板でお祝いしよう

  3. たくさんの愛情に包まれ生まれてきた赤ちゃんの健康と幸せを願う…

  4. 無病息災を祈って子供が生まれた家に贈るという日本ならではの風…

  5. 省スペースで飾る楽しみがある羽子板の贈り物

  6. 【お客様より】初めてお正月に女の子の孫への縁起物としての贈り…