赤ちゃんが初めて迎えるお正月に、魔よけのお守りを贈りましょう

お正月は1年で最も特別な日。子どもの健やかな成長を祈りたいものです。

古くからの習わしでは、初正月を迎える男の子には破魔弓を贈ります

初正月とは、赤ちゃんが初めて迎えるお正月のこと。無病息災を祈って、魔よけのお守りを贈ってあげましょう。女の子には羽子板を贈るのが習わしですが、男の子の場合は破魔弓です。昔は、弓で射る的のことをハマと言いました。それに「破魔」という字を当て、ハマを矢で射るように「魔を射る」という意味が込められていて、邪気や厄災を払うお守りと考えられています。破魔弓の飾りは、ケース入りの豪華なものが一般的ですが、ケースがついていないものや壁に掛けられるタイプもあり、飾るスペースがないからといって諦める必要はありません。ご自宅の広さや好みによって、気に入ったものを飾りましょう。飾る時期は地域差がありますが、12月13日の正月事始めから、1月15日までが一般的。1年中飾っていても問題はありません。また、兄弟でも一人一人に用意するのがしきたりです。
そもそも、初正月とはどういった習わしなのでしょうか。昔は、年齢を数え年で数えていました。生まれた日を1歳とし、お正月を迎えるたびに歳を重ねるという考え方なので、お正月は赤ちゃんの数え年2歳のお祝いになります。初正月は赤ちゃんが初めて歳を重ねる特別な日なのです。
破魔弓を贈る伝統は、江戸時代以前とも言われています。素敵な伝統なので、後世に伝えていきたいものです。

関連記事

  1. 【お客様より】息子が生まれた後の初正月で、義父母が買ってくれ…

  2. お子様の初めてのお正月に、健やかな成長を願い飾る、飾り物のご…

  3. 【お客様より】日本の文化の素晴らしさに触れ自分に何が出来るの…

  4. 初正月を迎える男の子には破魔弓を贈ります

  5. 日本に古くから伝わる大切にしたい習慣について

  6. 全国的とは限らない初めての男の子に贈る縁起物