【お客様より】初めての男の子!鯉のぼりを飾るだけでビックイベントになりました

3人目にして初めての男の子が産まれました。お姉ちゃんのときとは勝手が違って、男の子の初節句は一家総出の大行事です

 鯉のぼりを飾る喜び

我が家に三人目で男の子が産まれました。夫は口にはださないもののずっと男の子が欲しかったようなので、息子が生まれたときには飛び上がって喜んでいました。
女の子は二人育ててきましたが、男の子の育児はこれまでとはまったく違って、元気いっぱいでたくさん遊んであげないとなかなか寝付かなかったり、とにかく目が離せません。お節句のこともわからないので、家族みんなでいろいろ意見が出てしまい、まとまらなくなってしまいました。それで、家族総出で人形工房のお店に伺って、節句アドバイザーさんに相談しました。
いろいろ希望や意見を聞いてもらって、アドバイスを受けました。内飾りは、義母の強い希望で鎧兜を着た武者人形にしました。 私は初めは反対だったのですが、いろいろ見せてもらうと、インテリアに合いそうな武者人形をみつけたので私も賛成しました。
男性陣は鯉のぼりがどうしてもほしいというので、外飾りも購入することにしました。私の家は分譲住宅の戸建てになりますので、庭に支柱を立てることはできますが、大きい鯉のぼりを泳がせるほどのスペースは確保できないのでベランダに飾る鯉のぼりを購入して飾る事にしました。
義父が組み立ててくれました。組み方は比較的簡単で中心となるシャフトに紐を通して順番に鯉を取り付けていくだけでいいので、これならいいので私でもできそうです。
折角の初節句なので盛大にお祝いできてとても良かったと思っています。鯉のぼりは、鯉の滝登り=出世を願うという意味で始まっているみたいです。家族の願いとしても毎年飾ってあげようと思います。

関連記事

  1. 五月の子どもの日を祝うためにできた日本の古き良き伝統文化の一…

  2. 子供にとって、鯉のぼりが自宅に飾られているとうれしいものです…

  3. 男の子が生まれたご家庭におすすめの贈り物、初節句のお祝いに贈…

  4. 端午の節句になったら、家を飾るだけでなく特別な料理を作って家…

  5. 【お客様より】初孫の誕生で初節句を祝うために鯉のぼりをいただ…

  6. 【鯉のぼり】吹流しにも意味がある!?