男の子が生まれたお家の初正月に元気な成長を願って破魔弓を贈りましょう

破魔弓とは男の子の赤ちゃんが生まれて初めて迎える正月の初正月に贈られる古くからの習慣です。

男の子の赤ちゃんの初正月には、どうして破魔弓を贈るのでしょうか

男の子の赤ちゃんが生まれたお家に贈られる破魔弓ですが、なぜ弓なのか不思議ですね。
理由として古くから日本では、様々な行事で弓矢を鳴らし、魔除けの道具として、新春の年占いや厄払いで使われてきたことが破魔弓の始まりとされております。
よって、魔除け・厄除けの意味が込められております。
そして、破魔弓の矢の本数にも意味があり、4本は東西南北の災厄に備えるためであって、6本は六徳の矢という意味からであり、また8本は末広がりとして縁起の良い数字だからと様々あります。
また、ハマという呼び方は昔の人々は弓の事をそのように呼んでいたそうで、そこに弓矢の持つ魔除け・厄除けを意味する漢字の破魔を当てはめたようです。
男の子に贈られるのは、昔から弓を使うのは男であるという考え方からきているそうですね。
そして、贈る時期にも意味があります。
お正月は年の始まりであり、古来より新春の年占いや厄払いを行事として行われてきました。
弓矢は年占いで使われてきたようですね。
そこから、生まれてきた赤ちゃんの健やかな成長を願って贈るという風習が生まれたようです。
贈る方は母方の実家が多いようですが、決まりはないので両家で話し合いながら決めるのも良いでしょう。

関連記事

  1. 【お客様より】息子が生まれた後の初正月で、義父母が買ってくれ…

  2. 破魔弓(破魔矢)を飾る理由をご存知ですか。

  3. 赤ちゃんが初めて迎えるお正月に、魔よけのお守りを贈りましょう…

  4. 子供の健やかな成長を願って送られる羽子板、破魔弓は昔からあっ…

  5. お子様の初めてのお正月に、健やかな成長を願い飾る、飾り物のご…

  6. お正月に羽子板、破魔弓を飾る意味と期間についての具体的な情報…