初正月を迎える赤ちゃんのお祝いには羽子板・破魔弓を送りましょう

古くから愛されているお正月のお祝い羽子板・破魔弓を知っていますか

羽子板・破魔弓の正月の習慣は、今でも喜ばれ続けている伝統文化です

お正月に送る美しく装飾した羽子板は観賞用ですが、新春の遊びとして羽子板は昔から女の子の定番の遊びだったのです。
新春の厄除けのおまじないとも言われ、女の子が生まれたご家庭への健やかな成長を願った素敵な習慣なのです。
そして破魔弓は、男の子の初正月に贈るものです。
見た目は小さな弓と矢が合わさったもので、意味合いは江戸時代の武士が関係しています。
江戸時代はやはり武家の男子には、強く立派な武士になってもらえるように願っていました。そのため、手遊びで使える破魔弓が贈られたのです。
今では手遊びではなく、飾られることがほとんどです。
しかし、破魔弓の名前由来は厄除けの意味があります。
弓には昔から魔を退けるという意味があり、そこから名づけられたのです。
羽子板、破魔弓は年内に準備できる贈り物なので、
お子さんやお孫さんなど、初正月を迎える赤ちゃんへの贈り物にぴったりです。
今では、昔よりも色々な装飾を施したタイプがたくさんあります。
古くから変わらず愛され続ける伝統文化なのです。

関連記事

  1. 初孫とお正月を楽しく迎えるために贈り物をしよう

  2. 全国的とは限らない初めての男の子に贈る縁起物

  3. お正月の羽子板、破魔弓をしっかり飾って子どもの無病息災を祈ろ…

  4. 日本に古くから伝わる大切にしたい習慣について

  5. 【お客様より】息子が生まれた後の初正月で、義父母が買ってくれ…

  6. 子供の健やかな成長を願って送られる羽子板、破魔弓は昔からあっ…