男の子が誕生したら、無事に健やかに成長できるようにと願う行事

自分の男の子には立派に成長してほしいですよね。5月5日はそれを願ってお祝いしましょう。

5月5日に飾る五月人形や鯉のぼりに込められた意味とはなんでしょうか。

男の子が誕生したらとてもおめでたいことです。その男の子が強く、逞しく、健やかに無事に成長できるようにと願い、想うのが子どもの日です。そこで毎年鯉のぼりや五月人形を飾ってお祝いしますが、なぜそのような風習があるのでしょうか。
鎌倉時代に5月5日は邪気をはらう日だったということで5月5日は子どもの日(端午の節句)になったと言われています。
鯉のぼりは中国の故事には「川の急流に竜門という門があり、その門をくぐった魚は竜になれる」という言い伝えがあり、その竜門を見事にくぐり抜けた魚は鯉しかいなかったそうです。鯉が竜になるように子どもの出世や立派に成長するように、という意味を込めて鯉のぼりが揚げられています。現在でもよく使う故事成語の「登竜門」とはここからきています。
また、五月人形は鎌倉時代の武士がつけていた兜や鎧からきています。戦の時に兜や鎧は武士を守る大切な武器だったので、子どもの命を守る飾りものとして飾られています。
鯉のぼりや五月人形の他にも菖蒲湯に入ったり、かしわもちやちまきを食べたりします。これらにも厄除けや子孫繁栄など意味が込められています。1年に1度の大切なお祝いの日なので、是非男の子をお祝いしてあげてください。

関連記事

  1. プロ直伝!!失敗しない五月人形の選び方 その2~鎧兜・五月飾…

  2. 【お客様より】インターネットでも五月人形専門店なので安心でし…

  3. 日本の五節句について~端午の節句

  4. 男の赤ちゃんの初節句のご用意はお済みですか?

  5. 人形屋Q&Aその2~お節句の注意点を事前に確認しま…

  6. カワイイ!!おすすめの子供大将をご紹介します