男の子が生まれたご家庭におすすめの贈り物、初節句のお祝いに贈りたい品

男の子が生まれたご家庭では五月五日が初節句です。初節句をお祝いする品を贈ると喜ばれます。

子どもの日に鯉のぼりを飾る理由と購入するときの選び方のコツとは

男の子が生まれた家庭では、五月五日が初節句にあたります。初節句にあわせて鯉のぼりを贈るというご家庭も多いことでしょう。なぜ五月五日が子どもの日で鯉のぼりを飾るのかというと、その理由には歴史的経緯があります。中国から入ってきた厄払いの儀式がもともとの始まりでした。五月は病気で亡くなる人が多かったため、菖蒲の葉を家の玄関先に飾って厄払いをするという風習がありました。その風習が日本に輸入されたとき、菖蒲の葉は尖っていて剣のように見えるということと、武士を意味する尚武という言葉と語呂が一緒であることから男の子の節句として定着しました。鯉のぼりをあげるのは、江戸時代に男の子の成長を願いのぼりをたてていたという風習に由来します。武士の間では単なるのぼりだったのが、庶民に風習が広まった際に縁起物である鯉をモチーフにしたものを売り始めたのが始まりです。鯉は成長して竜になるといわれているため、縁起がよいとして定着し、現在のようになりました。男の子が健やかに元気よく成長することを願って現在もその風習は残っています。選ぶときは、飾る場所のことや素材を考えて選ぶとよいでしょう。スペースが許すなら、大きなポール式の鯉のぼりがいいでしょう。雄大で初夏の青空に良く映えます。マンションやアパート住まいならば、小さくかわいらしいものもおすすめです。手ごろな大きさの鯉のぼりはお手入れも楽ですから、気軽にかざることができます。

関連記事

  1. 【お客様より】初めての男の子!鯉のぼりを飾るだけでビックイベ…

  2. 子供にとって、鯉のぼりが自宅に飾られているとうれしいものです…

  3. 吉祥柄のご紹介

  4. 男の子の初節句には鯉のぼりを贈って健やかな成長や、出世を願う…

  5. 初節句のお祝いのためにお子さんやお孫さんに鯉のぼりを送りませ…

  6. 端午の節句になったら、家を飾るだけでなく特別な料理を作って家…