破魔弓は男の子が初めて迎える正月に飾る伝統的かつ代表的な工芸品

破魔弓飾りは、武家のならわしが現代に受け継がれた伝統行事です。

すこやかでたくましい子供に育ってほしいという願いを武具にこめる

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月を、初正月といいます。
お正月には新たな年を迎えて気持ちを新たにし、1年の安全と繁栄を願うために、初詣をはじめとするさまざまな行事が行われます。中でも新しい命にとって初めてのお正月は、これからの人生が幸福であるようにとの格別な思いがこめられます。
そんな初正月には、特別な飾り物として破魔弓が飾られるのが昔からのしきたりとなっています。
破魔弓は弓をかたどった工芸品で、矢をかたどった破魔矢とセットになっていることもあります。お正月に神社で配布される破魔矢はこの簡易版と考えることができます。
破魔弓を飾る習慣は、江戸時代に武士の家で行われるようになったのが起源だとされています。弓矢は武士の持つ代表的な武具であり、勇ましさの象徴です。破魔弓は、男の子が雄々しく、たくましく育ってほしいという願いをこめて飾られるものです。
加えて、弓矢には昔から邪気を払う力が備わっていると信じられてきました。古い時代に生きた人々の間では、病気や不幸などは何らかの超自然的な力によるものだと考えられていました。そのため、そのため、その悪い力=魔を取り除くためにさまざまな儀式が執り行われていましたが、弓矢はその儀式に必要な道具の1つだったのです。

関連記事

  1. 初孫とお正月を楽しく迎えるために贈り物をしよう

  2. 初正月を迎える赤ちゃんのお祝いには羽子板・破魔弓を送りましょ…

  3. 日本に古くから伝わる大切にしたい習慣について

  4. 赤ちゃんが初めて迎えるお正月に、魔よけのお守りを贈りましょう…

  5. 子供の健やかな成長を願って送られる羽子板、破魔弓は昔からあっ…

  6. 【お客様より】日本の文化の素晴らしさに触れ自分に何が出来るの…