【お客様より】初めてお正月に女の子の孫への縁起物としての贈り物

女の子の健康と幸せを祈って

長女が生まれた時、田舎の両親から豪華なはごいたをもらいました。これまで、豪華な飾りはごいたを貰ったことはなかったので、とても驚きました。両親にお礼の電話をすると、何と私が生まれた時も、お祝いのはごいたが届いたというのです。つまり、私の家では代々女の子の孫へはごいたを贈っていたのです。都会に住んでいると、そのような美しい風習には縁がなくなりますが、両親からの贈り物が、あらためてそれを思い起こしてくれました。

羽子板は、幼子への無病息災のお守りの意味もあるのですね。羽根つき用の黒い球は、むくろじという木で作られていて、漢字で書くと「無患子」なんだそうです。そのため、女の子のお守りとしての意味もあると両親に教えられました。長女は来年で5歳になりますが、お正月には、頂いたはごいたを飾ってお祝いするつもりです。本人は羽根つき遊びはしませんが、豪華な飾り羽子板は気に入っているようです。私の両親の思いが通じたのか、長女は健やかに成長しています。はごいたに込められた願いの強さを感じます。娘がもう少し大きくなったら、はごいたを贈る意味について話をしてみようと思います。はごいたには、娘の成人式までの成長を見守ってもらおうと考えています。そして、私自身も女の子の孫が生まれた時は、はごいたを贈るつもりです。

関連記事

  1. 【お客様より】日本ならではの風習を大切にしていきたいです

  2. 【お客様より】初孫ではないけれど…

  3. 初正月を迎える女の子の赤ちゃんへプレゼントすると良い遊び道具…

  4. 健康で幸せに満ちた日々を願って、女の子が生まれたら選びたい贈…

  5. お正月に羽子板、破魔弓を飾る意味と期間についての具体的な情報…

  6. 無病息災を祈って子供が生まれた家に贈るという日本ならではの風…