【お客様より】家族3人で五月人形を買いに行きました

どれにしようか迷いましたが、主人の意見を聞いて江戸甲冑の兜飾りにしました

子供を守ってもらえるでしょう

去年の11月に男の子を出産し、両親は初孫の誕生を喜んでくれました。東北に住む両親は、生まれてまもなくから初節句のことを気にしていました。私はまだ何ヶ月も先なのにと思っていましたが育児に追われているうちにあっという間に春になってしまいました。私も主人も実家が東北地方で東京から離れています。両親は田舎で選んで贈るより、そっちで好きなものを選びなさいとお金を贈ってくれました。
休日に主人と息子と3人で五月人形を買いに行きました。せっかくだからと、以前テレビでみた人形のまちで買おうと言うことになり車で出かけました。特別なイベントのようで楽しかったです。主人と話し合いマンションという住環境から内飾りだけ準備することに決めました。兜飾りや鎧飾り、子ども大将飾り、武者人形飾りを見て回ると、丁寧に作られているものばかりなのでどれにしようか迷います。
いくつか品物を見ているうちに私は子ども大将が気に入りました。どこが良かったかというと、勇ましい鎧兜とかわいらしい顔のギャップや雰囲気が私好みだということと限られた場所で飾り付けや収納ができる点です。それに対して主人は兜飾りを選びました。彼はかわいらしさのある子ども人形ではなく、重厚で力強さを感じる兜の方が息子には合うと言います。対立しかけた私たちに店員さんがアドバイスをしてくれました。私は彼と店員さんの意見を聞いて、確かに男の子なんだから男性的な雰囲気の兜飾りの方が良いかも、と思うようになり兜飾りに決めました。兜飾りを買って家で飾り付けをしてからしばらく眺めていると、本当に病気や事故から子供を守ってもらえるように思えてきて、とても心強く感じます。このままずっと我が家の守り神になってくれるでしょう。東北に住む両親に五月人形と撮った初孫の写真を送りました。

関連記事

  1. 平成29年度新作展示会開催中です

  2. 男の子の初節句には勇ましい五月人形を飾ってすこやかな成長を願…

  3. 飾り台や屏風は、鎧兜を演出する最高の舞台装置

  4. 子どもの日は娘さんもご一緒に。家族そろって楽しめるお祝い事を…

  5. プロ直伝!!失敗しない五月人形の選び方

  6. 人形屋Q&Aその1~お節句の素朴な疑問にお答えしま…